便秘の原因を知ろう

便秘の原因を知ろう

まずは便秘発症の原因ですが、簡潔に申せば「腸の働きが不十分」の一言に尽きます。私達の腸の中には善玉菌、悪玉菌と2分される菌が混在しており、双方のバランスが適正に保たれているからこそ、腸は正常な活動が可能なのです。

しかしバランスが崩れて悪玉菌が増殖すると、腸内に有毒ガスが発生から、腸の働きが鈍化してしまいます。これが便秘発症の引き金となり、このアンバランス状態を放置すれば症状悪化が避けられません。ですがこの根本的な改善の必要性を見落とし、速攻性が実感出来る市販の便秘薬に真っ先に手を伸ばしてしまう方々も見られ、結果本当の意味での便秘改善効果を得られぬまま、薬の力に頼った便通を「出た」と点で捉えて喜んでしまう傾向が見られます。

ここで劣勢に立たされた善玉菌をフォローから、悪玉菌を撃退する効果に優れた成分として、オリゴ糖の存在が挙げられます。悪玉菌をやっつけると聞けば、多くの方々はビフィズス菌や乳酸菌を連想され、それは正解ですが、オリゴ糖はこれらの菌とは異なり、それ自体には整腸作用はありません。オリゴ糖はビフィズス菌や乳酸菌の餌になる事を通じ、間接的に腸内環境整備に力を添える存在なのです。菌である以上は栄養摂取を必要とします。オリゴ糖はこれらの菌の栄養素となる存在であり、腸内でも一際特徴的な働きを担う物質なのです。


Comments are closed.